LGBT出会いアプリで広がる出会い

性的マイノリティーの出会いSNS

人気のLGBT出会いアプリ

1

第1位:PCMAX

(登録無料・18禁)

出会いが広がるLGBT出会いアプリ

男性と女性の出会い系やマッチングアプリは以前からありますが、LGBTの方のための出会いアプリや出会いSNSはありませんでした。

しかし、出会いアプリの大手「PC☆MAX」が、「マイノリティーカテゴリー」を開設すると、新規登録者が急上昇しました。

マイノリティーカテゴリーには、かなりの需要があると言うことで、「マイノリティーカテゴリー」を固定サービスとして運営中です。

現在もLGBTの登録者は増加中です!

※マイノリティーカテゴリーとは 性的マイノリティーといわれるLGBT等の方の為のカテゴリーです。

無料簡単登録はこちら!

PC☆MAX 公式サイト

(18歳未満利用禁止)


 

2

第2位:ハッピーメール

(登録無料)

ハッピーメールに同性愛カテゴリーがついに登場!

同性愛の方が出会いアプリでパートナーを探す事が定番になりつつあります。

同性愛カテゴリーでは、お互いが同性愛者なので話が早い!

写真掲載率の高さからマッチング率が非常に高い!

全てのデバイスに対応!登録率は出会いアプリ業界トップクラス!

無料簡単登録はこちら!

ハッピーメール 公式サイト

LGBT出会いアプリ

バイセクシュアル出会いSNS

更新日:

バイセクシュアルという言葉を、一度は新聞や雑誌等で見かけたことがあるでしょう。

この言葉は「両性愛」を意味しており、異性はもちろん同性も恋愛対象にしている方を指します。

昨今は国内だけでなく世界規模で「性の多様性」を尊重する動きが活発になっており、自身がバイセクシュアルであると公言する方も多くなりました。

出会いを見付ける場合、学校・職場・合コンなど多くの人が集う場所に赴いてコミュニケーションを取ることが必要になります。

これは恋愛相手だけでなく、同じ趣味・趣向を持つ仲間集めをするにも欠かすことが出来ない行動ですが、バイセクシュアルの方が相手を見つける場合も同様です。

バイセクシュアルの場合、恋愛対象に異性が含まれているものの傾向としては同性よりな方が多いのが特徴です。

その為、男性であれば男性の恋人・女性なら女性の恋人を探しつつ、男性みたいな風貌の女性や、女性みたいな容姿の男性つまり異性を好みます。

この場合、異性ではあるものの相手もまた同性愛者であることが珍しくありません。

バイセクシュアルの出会い・恋愛

ゲイ・レズといったLGBT(性的少数者)の出会いを場は、クラブ・アプリの2つが現在の主流です。

クラブの場合は以前からもLGBTの出会いの場として重宝されており、一見ではなくどなたかの紹介でないと入店できない場合があります。

店によっては来店客同士の仲を取り持ったりするサービスもあるため、短時間で希望する相手とカップルになれる可能性があります。

若い方に支持されているのがスマートフォン用アプリで、希望する相手の年齢や容姿・性癖などを記述するだけで全国各地にいるLGBTの方々との出会いをサポートしてくれます。

アプリの良い点は匿名性が高く、本心を包み隠さず主張できることにあるでしょう。

LGBTの場合、世間一般ではまだ色眼鏡で見られてしまうことがあり、自身の性癖を堂々と話せない方が大勢います。

先にも述べたクラブの出会いであっても、店舗内に居る方全員が同性愛者やバイセクシュアルであるとも限らず、本心をなかなか言い出せないで折角のチャンスを逃すこともあります。

しかしアプリであれば相手のプロフィールを閲覧でき、どんな相手を求めているのかをわかったうえでアプローチが出来るので臆することなく恋人探しが可能です。

クラブやアプリを利用して、理想の恋人を探し出したバイセクシュアルの方はどのような恋愛をしているのでしょうか。

まず異性とカップルになった方だと、世間一般の異性カップルと同様に休日は手を繋いで街中へ出てデートを楽しみます。

深い仲になれば泊りがけで旅行にも行くでしょう。お互いの両親に紹介をして、将来は結婚へと進む方も珍しくはありません。

異性同士の結婚なので何ら障害もなく、大勢の方に祝福される未来が約束されています。

もし同性の恋人を見つけた場合の恋愛模様はどうなるのかというと、異性の恋人同士とは違ってかなり閉塞的になるのが特徴です。デートの時は人目がある場所で堂々と手を繋いだり、ボディタッチをすることも気軽にする方は少ないです。

あくまでも世間的に見て「友人」であることを強調します。カップルらしく互いのコミュニケーションを取れるのは密室でしかないので、窮屈感は否めません。

そして最大の問題は結婚が出来ないということです。

問題の打開策として昨今では、各自治体で同性愛者を対象にした「パートナー制度」というものを設けるところが増えています。

婚姻届けではないものの、役所で同性の恋人をパートナーとして認め、どちらかの姓を名乗れるようにもしています。

事実上、結婚をしたという意味合いにもなりますがこの制度を利用されている方はまだ少数で一般化はしていません。

LGBTの恋愛は、まだ日本では日陰を歩んでいるということです。

-LGBT出会いアプリ

Copyright© LGBT出会いアプリで広がる出会い , 2019 All Rights Reserved.