LGBT出会いアプリで広がる出会い

性的マイノリティーの出会いSNS

人気のLGBT出会いアプリ

1

第1位:PCMAX

(登録無料・18禁)

出会いが広がるLGBT出会いアプリ

男性と女性の出会い系やマッチングアプリは以前からありますが、LGBTの方のための出会いアプリや出会いSNSはありませんでした。

しかし、出会いアプリの大手「PC☆MAX」が、「マイノリティーカテゴリー」を開設すると、新規登録者が急上昇しました。

マイノリティーカテゴリーには、かなりの需要があると言うことで、「マイノリティーカテゴリー」を固定サービスとして運営中です。

現在もLGBTの登録者は増加中です!

※マイノリティーカテゴリーとは 性的マイノリティーといわれるLGBT等の方の為のカテゴリーです。

無料簡単登録はこちら!

PC☆MAX 公式サイト

(18歳未満利用禁止)


 

2

第2位:ハッピーメール

(登録無料)

ハッピーメールに同性愛カテゴリーがついに登場!

同性愛の方が出会いアプリでパートナーを探す事が定番になりつつあります。

同性愛カテゴリーでは、お互いが同性愛者なので話が早い!

写真掲載率の高さからマッチング率が非常に高い!

全てのデバイスに対応!登録率は出会いアプリ業界トップクラス!

無料簡単登録はこちら!

ハッピーメール 公式サイト

LGBT出会いアプリ

インターセックス(DSD)(性分化疾患)出会いSNS

更新日:

インターセックス(性分化疾患)とはDisorders of Sex Development(Difference of Sex Development)、通称DSDと略されています。

日本語では、体の性の様々な発達という意味になります。体の性に関する様々な機能や形、発達に関して一般的な男女の状態に一致しないことを指しているのです。

胎内にいる際に、発達過程の中で何らかの変化が生じて起こる疾患であることから、性分化疾患とされています。

日本では、新生児の約2,000人に1人の割合でDSDであると言われているのです。

大まかに4つに分類されているのですが、約2,500人の1人の割合で発症すると言われているのが、ターナー症候群と呼ばれる染色体がX染色体の全体または一部が欠けている疾患です。

卵巣機能不全による二次性徴や月経異常が起きてしまい、不妊で悩まされている人が多いとも言われています。

逆にクラインフェルター症候群は染色体がXXYで、男性の体に起きるものとされています。

通常、男性の染色体はXYなのですが、Xが一つ多いことで生じる疾患なのです。精巣萎縮や無精子症、女性化乳房などの症状が見られることもあります。約1,000人に1人の男性が発症すると言われています。

インターセックス(性分化疾患)の中でも最も認知されているのが、アンドロゲン不応症(AIS)。アンドロゲンとは男性ホルモンのことなのですが、この受容体が一部もしくは全部欠如していることにより、染色体がXYと男性型なのに身体的な見た目が女性型に属している状態です。

このアンドロゲンは幼少期に発見されないことが多く、女性として成長してきて思春期に入った頃、月経が来ないことで発覚することが多いと言われています。

その他にも副腎皮質過形成と呼ばれるホルモンの異常によって引き起こされてしまう疾患もあります。

DSD分類に属するものとしては上記で触れたものが多いとされていますが、そのほかにも60種類以上の疾患があると言われているのです。

DSDの人はLGBTと同等と考えらえることがあるのですが、実際には別物と考えるべきものです。

DSDは心の問題ではなく、あくまでも体の問題だと考えられているからです。男性性の染色体を持っているものの、女性性の体つきをしているなどの不一致が見られることが多いのです。

また性同一性障害とは異なり、自分の性に対しての違和感というものを持っていない人も少なくありません。幼少期には分からないという人も多く、成長と共に自覚することが多いようです。

インターセックス(DSD)(性分化疾患)の出会い・恋愛

DSDの人はどのように出会い、恋愛をしているのでしょうか。基本的には自覚のある性のまま、恋愛をしているという人が多いようです。

中には結婚してから自分自身の違和感に気付き、病院を受診したところDSDであると診断されたケースもあります。

見た目が女性であっても、男性ホルモンが分泌されていることでヒゲが生えてきたり、陰核が肥大していくなどの症状が出ることもあるのです。

このように、脳で思う自分の性別というものが優勢となる為、恋愛は異性間で行われているものと同じと言えるでしょう。

ただし、これはDSDに気付いていないケースです。すでに自分自身がDSDだと気付いている人は恋愛に対して臆病になってしまうことも多く、どちらの性を優先するべきか悩んでしまいます。

同じ悩みを抱えるDSD同士での出会いによって救われることもあるようで、そのような形で恋愛に発展することも多いでしょう。

基本的にはDSDだから特別な出会い方をしているわけではなく、異性間の恋愛と同じです。

自分自身の体のバランスによっては、男女どちらかの性を選ばなければいけない時が来ることもありますが、人を好きになるのに性別は二の次です。

DSDだからと臆する必要はないのです。

-LGBT出会いアプリ

Copyright© LGBT出会いアプリで広がる出会い , 2019 All Rights Reserved.