LGBT出会いアプリで広がる出会い

性的マイノリティーの出会いSNS

人気のLGBT出会いアプリ

LGBTQ全般をカバー

PCMAX

(登録無料・18禁)

出会いが広がるLGBTQ出会いアプリ

男性と女性の出会い系やマッチングアプリは以前からありますが、LGBTQの方のための出会いアプリや出会いSNSはありませんでした。

しかし、出会いアプリの大手「PC☆MAX」が、「マイノリティーカテゴリー」を開設すると、新規登録者が急上昇しました。

マイノリティーカテゴリーには、かなりの需要があると言うことで、「マイノリティーカテゴリー」を固定サービスとして運営中です。

現在もLGBTQの登録者は増加中です!

※マイノリティーカテゴリーとは 性的マイノリティーといわれるLGBTQ等の方の為のカテゴリーです。

無料簡単登録はこちら!

PC☆MAX 公式サイト

(18歳未満利用禁止)


 

同性愛の方に人気!

ハッピーメール

(登録無料)

ハッピーメールに同性愛カテゴリーがついに登場!

同性愛の方が出会いアプリでパートナーを探す事が定番になりつつあります。

同性愛カテゴリーでは、お互いが同性愛者なので話が早い!

今のところゲイの登録数が多い印象です!

写真掲載率の高さからマッチング率が非常に高い!

全てのデバイスに対応!登録率は出会いアプリ業界トップクラス!

無料簡単登録はこちら!

ハッピーメール 公式サイト

(18歳未満利用禁止)


 

LGBT出会いアプリ

パンセクシュアル出会いSNS

更新日:

パンセクシュアルとは古代ギリシャの言葉における「パン」という言葉からきており、「すべての、あらゆる」という意味を持っています。

そのことからパンセクシュアルは相手の体の性とジェンダー、性的指向に関係なく好きになるというセクシャリティを指しているため、日本国内では「全性愛」と訳されています。

英語圏ではジェンダー・ブラインドと説明しており、人のジェンダーを認識しないと人として解説されている傾向にあります。

全性愛というと、男性と女性を愛することができる「バイセクシャル」と混同してしまうことも多いのですが、パンセクシュアルの最大の特徴は相手のセクシャリティを認識していないことが大きく挙げられます。

相手のセクシャリティを認識しているか否か、好きになる相手のセクシャリティが好きと感じる要因になっているか否かが、自分の正しいセクシャリティを判断できる重要なキーとなるといわれています。

セクシャリティは本人がどう判断するか以外に判断基準がないので、日本国内でもまだまだパンセクシュアルの概念に関する認識が浸透していない状態なため、日本人の方で自分のセクシャリティがはっきりしないと悩んでいるパンセクシュアルは少なくありません。

パンセクシュアル出会いと恋愛

現在パンセクシュアルに分類される人達の恋愛傾向は、他人を愛する要因としてセックスとジェンダーが関わってこないため、恋愛傾向が誤解されがちになります。

パンセクシュアルが、異性と付き合っているなら異性愛者として見られ、同性と付き合っているなら同性愛者に見られるためです。

両性と付き合っているならバイセクシャルもしくはポリセクシャルに見られる可能性もあります。

人間同士になると性別による恋愛傾向を見てしまうことが多いですが、極端な例としては犬や猫、うさぎとった動物の種類を好きか嫌いかの話をする際に、動物全体が好きな人は多く、その際に性別は区別しないという方は大半だとされています。

これと同じように人間という種類を恋愛対象としているだけで、そこに性別に分類されるセクシャリティは介在しないことがわかるのです。

日本では大勢の人がセクシャリティに縛られた考えを持っているため、パンセクシュアルの人はその規範の外側に追いやられてしまい、パンセクシュアルは、周りに理解されないことも少なくありません。

そのため、少しでもパンセクシュアルの人たちの恋愛がしやすい環境を作るためには、日本国内でのセクシャリティの違いや正しい知識を共有できるようになることが重要になります。

近年では、セクシャリティ同士がSNSや出会いアプリなどを通じて出会いの場を作る機会も増えてきていますし、国内に限らず世界中の同じセクシャリティ同士で繋がれるパンセクシュアルコミュニティやパンセクシュアルSNSも増えています。

そのため昔に比べてパンセクシュアルが、知り合いや友人、恋人を作る機会もグッと増えて非常に住みやすい環境が整ってきています。

国内で人気の高いマッチングサイトや出会いアプリも、セクシャリティのアピールする項目が用意されていることも多いので、パートナーを積極的に探したいというパンセクシュアルを中心に利用される機会が増えているのです。

パンセクシュアル(全性愛)というセクシャリティを持っている人は、人間全てに対して種族と認識している人たちであり、男女という性別やジェンダー志向などは一切気にせずに、好きになった人を好ましく感じる非常にシンプルな概念を持っていることがわかります。

日本でも近年になってLGBTの理解が深まってきているといわれていますが、まだまだパンセクシュアル等のセクシャリティの分類について理解が追いついていないことも現状ではあります。

しかし異性同士の結婚が認められていないとはいえ、日本ではパートナー制度を設ける地域も増えてきているなど、パンセクシュアル(全性愛)等の様々なセクシャリティの人に対して住みやすい環境が整ってきているのも事実です。

SNSなど手軽に世界中に考えを伝えられる方法もあるため、自分のセクシャリティを知ってほしいと感じている方は、情報発信をしていくことも、相互理解のために重要な役割となります。

-LGBT出会いアプリ

Copyright© LGBT出会いアプリで広がる出会い , 2019 All Rights Reserved.