LGBT出会いアプリで広がる出会い

性的マイノリティーの出会いSNS

人気のLGBT出会いアプリ

1

第1位:PCMAX

(登録無料・18禁)

出会いが広がるLGBT出会いアプリ

男性と女性の出会い系やマッチングアプリは以前からありますが、LGBTの方のための出会いアプリや出会いSNSはありませんでした。

しかし、出会いアプリの大手「PC☆MAX」が、「マイノリティーカテゴリー」を開設すると、新規登録者が急上昇しました。

マイノリティーカテゴリーには、かなりの需要があると言うことで、「マイノリティーカテゴリー」を固定サービスとして運営中です。

現在もLGBTの登録者は増加中です!

※マイノリティーカテゴリーとは 性的マイノリティーといわれるLGBT等の方の為のカテゴリーです。

無料簡単登録はこちら!

PC☆MAX 公式サイト

(18歳未満利用禁止)


 

2

第2位:ハッピーメール

(登録無料)

ハッピーメールに同性愛カテゴリーがついに登場!

同性愛の方が出会いアプリでパートナーを探す事が定番になりつつあります。

同性愛カテゴリーでは、お互いが同性愛者なので話が早い!

写真掲載率の高さからマッチング率が非常に高い!

全てのデバイスに対応!登録率は出会いアプリ業界トップクラス!

無料簡単登録はこちら!

ハッピーメール 公式サイト

LGBTの恋活・婚活

同性パートナーの同性婚での問題点とは?

更新日:

同性パートナーがいることは差別的な対応をされてしまうのではないか、仮に認めて貰えるのであれば同性婚も考えたい!

このように考えている人も多いと言います。

ちなみに、LGBTはレズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーのそれぞれの単語の頭文字を集めたもので、LGBTコミュニティの権利を語る中では必ずトピックに登場する同性婚に関連付けが行われているものです。

しかし、大半のマジョリティは日本国内の現状を知らないと言われているのですが、これは同性愛が認められている国とそうではない国の違いでもあるわけです。

同性同士のパートナーは、結婚ができれば様々なメリットが生じるものの、日本では同性愛自体が認められていないと言うよりも日本は人権に対する意識が低い国でもあり、同性愛の権利もなければ認めようとする人が少ないなどの問題点もあります。

同性愛を持つパートナー同士が結婚した場合、遺産相続が可能になる配偶者控除を受けることができる。

配偶者ビザ取得が可能になるなど、色々な面でのメリットが出て来ます。

日本の婚姻に関する民法の中では、婚姻は戸籍法の定める所により届け出ることで効力を生じるとありますが、ここには男と女などの性別が記載されていません。

そのため、同性カップルの婚姻そのものが重婚や近親婚などのように婚姻障害事由に当たるものなどでもないため同性婚ができない明確な法的根拠もないわけです。

同性パートナーの同性婚

同性カップルが役所で婚姻届けを提出しようとしても、窓口では受理されないのが一般的。

同性婚を認めていないことの中には、明確な法的根拠もない不利益取り扱いになる点での問題点がある。

異性カップルに保障が行われている法的根拠および権利は同性パートナーにはないのが現状です。

結論からすれば日本国内では、同性同士のカップルが社会生活上直面する法的問題の大半は、同性カップルには結婚は認められていないことになります。

同性カップルが直面する法的問題には色々なことがありますが、住居の場合では同性カップルが民間の賃貸アパートなどの入居申し込みを行った時、大家さんや不動産会社側が消極的な態度を示すことが多いと言います。

パートナーとの関係性を説明することで契約締結になることもあると言いますが、大半は差別的な言動をされる拒絶されるケースが多いので、当人も説明がしにくい状況下にいること認識するしかないのです。

マイホームを購入する場合は、共同で生活することに対しては法的な障害はないのですが、ローンを組む時には異性カップルはペアローンを利用できますが、同性同士ではペアローンを利用することができないため、収入合算やローン控除を受けられません。

購入した家は原則単独所有になるので、所有権を持つ側が他界した時にはその家に住み続けることもできません。

同性パートナーの片方が意識不明の状態になり、病院に運ばれた時など医療機関側は病状の説明や面会、そして緊急手術の同意書への署名を認めないケースが多いのです。

この場合、同性同士と家族の違いがないこと、家族と言う一つの対象については病状説明・面会・手術同意書への署名などが認められるものの、同性同士ではそれが認められない点についても法的根拠はありません。

法的根拠があれば納得できる部分もあるものの、法律上でできないなどの制約がないのにも変わらず、異性カップルと同じような生活ができない部分は大きな問題と言っても過言ではないのです。

これらは同性婚をしたいカップルが抱える問題のごく一部であり、実際には無数の悩みを抱えながら生活しているのが現状で、中には同性婚が認められている国に移り住むカップルもいると言います。

-LGBTの恋活・婚活

Copyright© LGBT出会いアプリで広がる出会い , 2019 All Rights Reserved.